/

この記事は会員限定です

法的リスク 規格策定進む

日本企業、法務役員育成で体制強化も

[有料会員限定]

企業が直面する様々な法的リスクを管理する標準規格づくりが進んでいる。従来は経験に頼りがちだったが、世界的に環境問題などコンプライアンスへの関心が高まるなか、罰金も高額化しており、企業にとって致命傷になりかねないためだ。法務役員を育てる社団法人の組織も4月に発足しており、強まる法的リスクにどう立ち向かうか新たな試みが始まった。

国際標準化機構(ISO)は5月、法的リスク管理についての標準規格「ISO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン