/

この記事は会員限定です

伊勢原に建機工場 鉱研工業、22年稼働

厚木から移転 生産効率1.5倍に

[有料会員限定]

建設機械メーカーの鉱研工業は神奈川県伊勢原市に新工場を建設し、2022年に稼働させる。同県厚木市の主力工場から全面移転し、ボーリング機器などの生産能力を高める。防災やリニア中央新幹線の建設などでインフラ整備は安定需要が見込めるとみて、生産効率を1.5倍に高める。

新工場の建設予定地となる伊勢原工業団地(伊勢原市)の土地を購入した。鉱研工業は主力工場の厚木工場(同県厚木市)を売却した後2年間賃借し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン