/

この記事は会員限定です

人に慣れる遺伝子がイヌに?

麻布大、家畜化の謎を追究

[有料会員限定]

麻布大学の永沢美保准教授や菊水健史教授らは、イヌは進化の過程でストレスホルモンに関わる遺伝子が変化し、人といても強いストレスを感じなくなったとみられるとする研究成果をまとめた。イヌは最古の家畜とされ、近縁種のオオカミと異なり人と密接な関係を築いてきた。ただ、どういった遺伝子の変化が家畜化に大きく関わるのかは不明だった。

研究チームは家庭で飼われている約620頭を調べ、遺伝的にオオカミに近い柴犬な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン