東芝、工場・病院向けに大規模燃料電池 水素で1000キロワット発電

2020/7/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝は水素を使って発電する水素燃料電池では大規模の1千キロワットの発電容量のシステムを2020年度内にも発売する。家庭なら1千世帯分を供給でき、工場や病院などでの利用を想定する。水素発電は二酸化炭素(CO2)を排出せず、政府が普及を後押ししている。燃料となる水素は電気と違って貯蔵できるため、停電時などの緊急電源としても使える。

東芝子会社の東芝エネルギーシステムズは出力が0.7、3.5、100キ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]