/

この記事は会員限定です

小売り営業利益、今年度25%減

感染再拡大でさらに悪化も

[有料会員限定]

小売業の業績は急速に悪化している。小売業調査によると、2020年度の小売業の営業利益は前期比で25%減の見通しで、比較可能な06年度の調査以来最大の下落率となる。新型コロナウイルスに伴う政府の緊急事態宣言の解除で戻りつつあった消費は、感染の再拡大で落ち込み始めており、計画より業績が悪化する恐れもある。

今期の営業利益見通しを開示した141社を対象とした。売上高は0.7%減(回答は165社)と、11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン