/

この記事は会員限定です

無人機、攻撃の標準装備に 日本は戦略の策定急務

[有料会員限定]

古谷知之・慶大教授 無人機は高精細なカメラやセンサー、人工知能(AI)を持つのが特徴だ。画像情報などのデータを解析しながら標的まで移動し上空で徘徊する。撃破するかどうかを最終的に自ら判断することができる。

いま攻撃手段の主力であるミサイルは一度発射したら標的まで突っ込んでいくしかない。ミサイルの飛行距離は長いが、無人機の航続性能も向上している。7000キロメートル飛行可能な機体もある。

無人機と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン