/

この記事は会員限定です

米市場、景気軟着陸に疑念

FOMC受け国債買い戻し、金利の壁「4%」意識

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が利上げ加速を表明した15日、歴史的な急落を演じていた米債券相場はむしろ落ち着きを取り戻した。一部で浮上した1.0%という極端な利上げが遠のいたほか、2024年末にかけ利下げに転じる予想を好感した。だがFRBが唱える景気の軟着陸を信じているわけではない。金利安定の兆しを喜んでばかりはいられない。(1面参照

象徴的な動きだった。米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン