/

還暦の貯蓄、3%増3122万円

PGF生命調べ、物価高にらみ老後の蓄え厚く

[有料会員限定]

高齢者の貯蓄志向が高まっている。民間調査によると、2022年に60歳の還暦を迎える人の平均貯蓄額は21年調査に比べ96万円多い3122万円と、18年の調査開始以降では最高となった。新型コロナウイルス下の先行き不透明感に加え、足元の食品やエネルギー価格の上昇を受けて、支出を抑え今後の生活に備える動きが強まっている。

プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険(PGF生命)が、1962年生まれ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン