/

この記事は会員限定です

中国軍関与、先端研究473件 日米欧と過去5年

極超音速など兵器転用懸念 日経分析

[有料会員限定]

中国の人民解放軍関係者が兵器に転用可能な先端の機微技術(総合2面きょうのことば)を狙い、日米欧の研究者に接近している実態がわかってきた。世界最大規模の学術論文データベースを解析したところ、過去5年間で合計473件、極超音速機やステルス素材などの国際プロジェクトに軍関係者が加わっていた。技術流出を通じ、中国の軍事技術向上や軍の近代化をゆるす恐れがある。(関連記事総合2面に

日本経済新聞は拓殖大の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン