多面鏡銅相場 強すぎる?回復 中国需要増や供給不安で

2020/7/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

銅の国際相場が急回復している。指標になるロンドン金属取引所の3カ月先物は13日に一時1トン6633ドルまで上昇し、2年ぶりの高値をつけた。

「ドクター・カッパー」の診断を素直に受け止めれば、世界経済は新型コロナウイルスの影響を受ける前の状態に戻ったことになる。だが、実体経済の現状を踏まえると「さすがに強すぎでは」との疑問もわく。

なぜ、これほど急ピッチに銅相場が回復したのか。謎を解くカギは3つ考…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]