/

この記事は会員限定です

金融庁、業績AI予測

来年メド、中小の倒産防止へ 金融機関に支援促す

[有料会員限定]

金融庁は中小企業の業績を予測する人工知能(AI)ツールを2023年をメドに整備する。あずさ監査法人に開発を委託し、経営不振が深刻になりかねない企業を金融機関が早期に支援できるようにする。新型コロナウイルス禍の影響や原材料価格の高騰で中堅中小企業の倒産は増加の兆しが見えつつある。業界団体と連携して業種別の改善策もまとめ、「倒産ドミノ」を防ぎたい考えだ。

開発主体はあずさ監査法人。調査会社など3社か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン