/

この記事は会員限定です

接触確認アプリ 広がらず

日本770万件、世界も低調 個人情報管理に懸念

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染者との濃厚接触を確認できるスマートフォン向けアプリの利用が増えていない。接触が分かれば、検査の受診や外出自粛など感染防止につながる効果が期待できる。日本のダウンロード数は約770万件にとどまる。世界各国も低調だ。情報が匿名化されているのに、個人情報の管理への懸念がある。各国は利用拡大に苦労している。

厚生労働省によると、20日時点でダウンロードした人は769万件で、国民の1割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン