/

この記事は会員限定です

金庫株で「支払い」広がる

上期最多409社、役員報酬やM&A 収益拡大のツールに

[有料会員限定]

取得して保有している自社株「金庫株」を役員報酬やM&A(合併・買収)の対価として譲り渡す上場企業が増えている。2020年1~6月は409社と前年同期を4割上回り、半期ベースで過去最高だった。自社株買いは資本効率の改善につながり金庫株も消却を求める意見も多いが、事業環境が悪くなる中で収益拡大へのツールとして活用する。

金融情報サービスのアイ・エヌ情報センター(東京・千代田)がまとめた。企業が保有す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン