/

この記事は会員限定です

遠い「最先端IT国家」 宣言20年、なお10位圏外

旗振り役の行政に遅れ 骨太方針

[有料会員限定]

政府は17日に決めた2020年の経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)で、行政手続きなど社会のデジタル化を柱に据えた。約20年前にも「5年以内に世界最先端のIT(情報技術)国家となる」と宣言しながら、IT競争力や電子政府を巡る評価は世界10位以下を定位置とする。旗を振る行政が遅れの原因となっており、反省なしに先行国には追いつけない。(1面参照

世界経済フォーラムなどがまとめてきたIT競争力ラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1444文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン