/

この記事は会員限定です

「高校でSDGs」学科容認 文科省案、中教審で議論へ

普通科改革、横断的な学び促す

[有料会員限定]

文部科学省は17日、中央教育審議会の特別部会を開き、高校の普通科を再編し、現代ならではの課題や地域社会の問題解決のために必要な学習を提供する学科を新たにつくることを認める案を示した。大学受験向け以外にも、主体的な学びを高校生に促す狙いがある。

2019年度学校基本調査によると、高校生の約7割が普通科に通う。現行の文科省省令では「普通教育を主とする学科」は普通科のみと規定。他には商業・工業など14...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン