/

この記事は会員限定です

会津発の都市OS広がれ 論説主幹 原田亮介

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本の行政におけるデジタル対応の後進性が浮き彫りになった。国が「IT(情報技術)先進国を目指す」と旗を振り始めて20年たつが、かけ声がデジタルの実装に結びついていない。住民サービスの最前線に立つ地方自治体が抱える課題も浮き彫りになっている。

都市の経済活動や住民の生活をデジタル技術で先進的なものに変える「スーパーシティ」を実現するための改正国家戦略特区法が先の国会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン