/

この記事は会員限定です

起業家教育の狙い 課題を発見する力育む

高橋徳行・武蔵大学長

[有料会員限定]

日本の起業活動が低調な背景には、起業意識を持つ若者が一部に限られていることがある。広く起業家意識を育むことの意義について、武蔵大学の高橋徳行学長に寄稿してもらった。

今年を「スタートアップ創出元年」と政府が位置づけたこともあり、アントレプレナーシップ(起業活動)への関心が高まっている。

教育現場でも起業家教育に取り組むところが増えているが、わが国の起業活動の水準は先進国の平均水準に達していない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン