/

この記事は会員限定です

ビーチサンダル、起源は草履

米国人の熱意、ゴム会社応じる

[有料会員限定]

夏の履物の定番といえばビーチサンダルだ。海水浴にとどまらず日常に定着し、世界中で愛用されている。南国の印象が強いが、よく見ると日本の草履に似た形をしている。誕生の裏には草履にほれ込んだ米国人デザイナーと日本のゴム製造会社の協力があった。

名は「サヨナラ」

ギリシャやペルーは「サヨナラ」、トルコは「トーキョー」、ポーランドは「ヤポンキ(日本人女性)」――。海外ではビーチサンダルを日本と関連付けた名前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン