/

この記事は会員限定です

「公正さ」打ち出すIT企業

倫理扱う責任者も

[有料会員限定]

個人情報の保護や国家権力との距離感に課題を抱えるIT(情報技術)企業が、意思決定の過程を透明化し、公正さを打ち出そうとする取り組みが相次いでいる。データ保護や倫理を扱う責任者を設けたり、外部専門家の見解を意思決定に取り入れたりしてガバナンス(企業統治)の強化を打ち出す。

IT業界では米フェイスブックが人種差別につながる書き込みを放置したとして厳しい批判を受け、大手企業が相次ぎ広告の出稿を停止する事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン