アンモニア合成触媒、貴金属使わず安価に

2020/7/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京工業大学 細野秀雄栄誉教授と叶天南特任助教、北野政明准教授らは化学肥料の原料であるアンモニアを、安価に合成できる触媒を開発した。貴金属を使わず、それぞれ単独では活性を示さないニッケルと窒化ランタンを組み合わせた。製造設備の小型化や省エネに役立つ成果だ。

アンモニアは20世紀初めに発明された「ハーバー・ボッシュ法」で製造している。鉄系の触媒を用い高温高圧下でつくるため大型設備と多大な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]