/

この記事は会員限定です

哲学者が考えていること(1)「昼食のソバ」から見える世界

社会問題 思考の起点を提示 國分功一郎

[有料会員限定]

哲学とは世界や人間について原理的に考える、長い歴史と系譜を持つ学問だ。その考察は現代日本の諸問題にも及ぶ。刺激的な思索を続ける若い世代の哲学者たちの姿を追った。

「昼食に自分はラーメンが食べたかったが、友人はソバがいいと言うので仕方なくソバを食べた」――。「ソバを食べる」行為は自分がやったことだが、自ら進んでしたわけではない。これは「能動」か「受動」か。

こんな問いを立て思索するのが國分功一郎(4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン