/

この記事は会員限定です

円安進行、一時134円台

米2年債利回り14年ぶり3%台

[有料会員限定]

円の下落圧力が強まっている。円相場は10日、1ドル=134円台を付け、約20年ぶりの安値圏での推移が続いた。欧州中央銀行(ECB)が11年ぶりの利上げを決めた。10日の米債券市場では政策金利の変動に敏感な2年物国債利回りが一時、14年ぶりとなる3%台に上昇(価格は下落)し、米連邦準備理事会(FRB)の急ピッチな利上げが続くとの見方が再燃する。欧米と大規模緩和を続ける日本との金利差が開き、円を売る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り508文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません