/

この記事は会員限定です

書こうとしない「かく」教室 いしいしんじ氏

生活と地続きにある小説

[有料会員限定]

「書くこと」をテーマに開いた5回のオンラインイベントをまとめた。「生活と小説は分けられない」と語る作家が、作品がどのような経験から生まれたのかをつまびらかにした、いわば自身の半生記だ。

例えば『トリツカレ男』(新潮文庫)は、のちに妻となる「園子さん」と出会った頃に書いた。胸に悲しみを宿した女性の幸せを願う男のピュアな気持ちが描けたのは「生まれてはじめての恋愛」をしていたから。このほか、神奈川の港...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません