/

この記事は会員限定です

まずはジェラート

山形大 県産ピーナツ、製品化開始

[有料会員限定]

山形大学は16日、県産ピーナツの付加価値向上策を始めたと発表した。2016年から金山町などで産地化プロジェクトを始めており、一定の規模になったため製品化につなげる。大学発スタートアップのベジア(米沢市)が8月中にまずはジェラートを発売する。

ベジアは山形大の常温乾燥技術を使った農産品加工を手掛ける。通常の温風乾燥と違い、風味や栄養価を損なうことなく加工できる。これまでに秘伝豆やトマトなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン