/

この記事は会員限定です

清水建設、スタートアップ向け出資枠100億円

新事業創出に

[有料会員限定]

清水建設は16日、国内外のスタートアップやベンチャーファンド向けに100億円の出資枠を設定したと発表した。人工知能(AI)やロボット、ドローン、スマートシティーなどの分野を対象とする。建設業界では人手不足が深刻となっている。出資を通じ、工事現場の省力化や新規事業の創出につなげる。

国内外のスタートアップに出資し、成長が見込め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン