国・佐川氏側 請求棄却求める 森友改ざん 職員自殺で地裁初弁論

2020/7/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

学校法人「森友学園」の国有地売却問題に絡み、自殺した元財務省近畿財務局職員の赤木俊夫さん(当時54)の妻が、国と佐川宣寿元国税庁長官に計約1億1200万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、大阪地裁(中尾彰裁判長)で開かれた。国と佐川氏側は請求棄却を求めた。

赤木さんの妻、雅子さん(49)は法廷で意見陳述し、夫が自殺したのは決裁文書改ざんを強制されたのが原因だとして「真面目に働いてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]