新党「立憲民主」で立民が合流提案 国民に、略称は「民主」

2020/7/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

立憲民主党の福山哲郎幹事長と国民民主党の平野博文幹事長は15日、国会内で両党の合流について協議した。福山氏は両党が一度解散し新党を結成したうえで党名を「立憲民主党」とする案を示した。平野氏は持ち帰って議論すると回答した。

福山氏は新党結成後に速やかに所属国会議員による代表選を実施すると伝えた。党名略称は「民主党」と提案した。福山氏は記者団に「政権交代を果たした知名度のある政党名だ。有権者の親近感…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]