/

この記事は会員限定です

ウクライナ新興財閥、力失う

ロシア侵攻で顕著に

[有料会員限定]

ロシア軍のウクライナ侵攻から1週間後、同国有数の富豪ビクトル・ピンチュク氏が首都キーウ(キエフ)郊外に所有する大邸宅をウクライナの義勇軍が占拠し、仮設の野戦病院を設けた。同氏は侵攻開始時には国を離れていたが、帰国して邸宅の使用を認めた。

ほどなく義勇兵たちは退去を迫られたが、義勇軍のリーダーは「ウクライナが勝利するまでここにとどまる」と居座り続けた。ウクライナのビジネスエリートの運命が変わりつつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン