実質経済成長率9%減の見通し 県内20年度、民間調べ

2020/7/16付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

浜銀総合研究所がまとめた2020年度の神奈川県内経済の見通しは、実質経済成長率がマイナス9%の予想となった。緊急事態宣言の解除後も経済活動が抑制的になっていると指摘。今後新型コロナウイルスが終息に向かうとしても、「県内経済の回復が明確になってくるのは21年度」(同社)とした。

個人消費は前年度比マイナス8%を見込む。リーマン・ショック時の08年度の落ち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]