/

この記事は会員限定です

西鉄、投資100億円追加削減

今期、コロナで中計見直し 路線バス減便も視野

[有料会員限定]

西日本鉄道は2021年3月期に予定していた投資額を半減する。これまで明らかにしていた300億円に加え、9月以降に新たに100億円分の投資を削減する。22年3月期までの中期経営計画についても見直し、路線バスの減便も検討する。新型コロナウイルスで受ける影響の大きさが今春時点の想定より拡大しており、経営計画の大幅な変更に踏み切る。

倉富純男社長が15日、日本経済新聞社の取材に応じ、明らかにした。「3月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン