/

この記事は会員限定です

首相、「財政規律」こだわる

骨太方針、記述維持へ高市氏に指示

[有料会員限定]

岸田文雄首相は7日に決定した経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)を通じ財政規律の維持にこだわった。党内の積極財政派は歳出上限の削除を求めたものの、記述を堅持するよう高市早苗政調会長に指示した。

骨太で最大の論点となったのが「本方針及び骨太方針2021に基づく」という箇所だった。2023年度予算案で社会保障費を除く増額分を年300億円ほどにとどめることを意味していた。

積極派はこれを維持すれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン