/

この記事は会員限定です

言葉遊びより改革断行を 論説委員長 藤井彰夫

[有料会員限定]

看板政策の「新しい資本主義」を含む岸田文雄政権では初めての「骨太の方針」が決まった。

「分配偏重」「市場軽視」ではないかという当初の批判に配慮してか、方針では「成長も徹底して追求」「市場も国家も」と、成長や市場も重視する意向を示した。

政策メニューに並ぶのは「賃金引き上げの推進」「貯蓄から投資へ」「デジタル、グリーンへの投資」…。いずれも日本経済が抱える懸案ばかりで、どこが「新しい」のかと考え込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り659文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません