グローバルウオッチコロナ 消えたアフリカ人
中国

2020/7/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

中国南部の広東省広州市に「アフリカ街」と呼ばれる地区がある。1万人超のアフリカ人が暮らしていた中国最大の居住区だが、現在は閑散としている。新型コロナウイルスへの感染を避けるため多くのアフリカ人が自国に帰った後、広州に戻ることができず、人数が7割ほど減ったためだ。飲食店や小売店の多くが閉鎖され、往時のにぎわいを取り戻せるメドが立たない。

「家賃未払いのため契約を打ち切る」。7月上旬、アフリカ街にあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]