/

この記事は会員限定です

中国ワクチン開発、軍が支援

新興カンシノ はや供給許可 コロナ治験、カナダと

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸】中国の新興製薬企業、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス、天津市)が新型コロナワクチン開発を急いでいる。第1段階の臨床試験(治験)では世界で初めてヒトで効果を確認した。軍の強力な支援と海外製薬から学んだ技術が背景にある。米欧との開発競争が過熱するなか、有効性や安全性の担保が課題となる。

「中国人民解放軍にコロナワクチンを供給する許可を獲得した」。カンシノは6月末、こう発表した。許可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン