はやぶさ2、12月6日帰還 豪の砂漠にカプセル投下 小惑星の石・砂届ける

2020/7/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」が12月6日に地球に帰還すると発表した。小惑星「りゅうぐう」の石や砂などが入ったカプセルをオーストラリア南部の砂漠に投入する予定だ。太陽系の成り立ちや生命の起源を探るための貴重な手がかりを地上に送り届ける。

JAXAの山川宏理事長と豪宇宙庁のメーガン・クラーク長官が14日付で共同声明を出した。豪政府はカプセルの投下と回収の計画を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]