/

三井化学、「循環型」素材 開発急ぐ

再生材・バイオプラ、新市場開拓

[有料会員限定]

世界的な脱炭素の流れが強まるなか、三井化学は環境負荷を低減する素材の開発を進め、循環型経済のビジネスモデル確立を急いでいる。プラスチック素材のリサイクル技術の開発や、植物由来の原料を使ったプラスチックの生産に相次いで乗り出す。新たな市場を開拓し、売上収益に占める環境貢献に関連する事業の売上高を2030年度に40%まで引き上げる。

JR名古屋駅からほど近いところに、三井化学の名古屋工場がある。同工...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン