/

この記事は会員限定です

外食大手 6社が最終赤字

3~5月、コロナで客離れ深刻

[有料会員限定]

14日までに出そろった外食大手7社の2020年3~5月期の連結決算(ハイデイ日高は単独)は、壱番屋を除く6社が最終赤字だった。新型コロナウイルスの感染拡大で客離れに歯止めがかからない。都心部での感染再拡大で業績はさらに悪化する懸念がある。サイゼリヤは20年8月期通期の業績見通しと配当予想を取り下げた。

「東京都の感染者数増加は逆風で、再びどう社会が変化するか分からない」。サイゼリヤの堀埜一成社長は14日の決算会見で業績見通し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン