/

この記事は会員限定です

ESG 実は高リターン

米国版エディター・アット・ラージ ジリアン・テット

[有料会員限定]

一部の投資家は近年、「環境・社会・企業統治(ESG)」投資を巡る高尚ぶった調子にいら立つあまり、ESGは「アイロール(あきれ顔)、スニア(冷笑)、グローン(うめき声)」の頭文字であるべきだと冗談を飛ばしていた。

こうした皮肉は、過去のものとなりつつある。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で昔からある仮説がいくつも覆されており、多くの投資家による「ESG投資はリターンが低い」とい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2470文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン