/

この記事は会員限定です

「ペーパーレス精算」に攻勢 IT各社、新ルール契機

マネフォ、紙の領収書いらず/コンカーはキャッシュレス連携

[有料会員限定]

10月に改正電子帳簿保存法(電帳法)が施行されるのを控え、マネーフォワードやコンカーなどIT(情報技術)各社が経理業務を効率化できるクラウドサービスの売り込みを強めている。新ルールでは紙の領収書や請求書を保存せずに済むため、明細を印刷したり、社内で伝票をやり取りしたりする手間が省ける。テレワークを進展させたい企業の導入が加速しそうだ。

「経費精算の差し戻しが大幅に減った」。社員70人ほどの鋼材商社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン