大相撲7月場所 観客2500人 半年ぶり動員へ

2020/7/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)について、定員の約4分の1となる2500人程度の観客を入れて開催することを決めた。新型コロナウイルス感染対策のため当初は無観客の方針だったが、政府のイベント人数制限緩和を受けて変更した。観客を入れての開催は初場所以来で半年ぶり。

11月に福岡で予定していた本場所を両国国技館で開催することも決めた。力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]