中国、国産機計画に逆風
米中対立で部品調達リスク COMAC、コロナで旅客減

2020/7/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【広州=比奈田悠佑】中国の国産旅客機計画に逆風が吹いている。同国国有メーカーの中国商用飛機(COMAC)は小型機「C919」の高度な飛行試験に入ったが、米中覇権争いのあおりでエンジンなど主要部品の調達リスクが浮上した。新型コロナウイルスで旅客数が急減し、国内航空大手による買い支えにも不透明さが増す。

赤茶けた大地が広がる中国西部の新疆ウイグル自治区トルファン市。真夏には気温がセ氏40度以上になる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]