/

この記事は会員限定です

コロナで「介護時間増」2割

在宅勤務者ら、サービス利用抑制も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、働きながら家族を介護している人の約2割が、介護に充てる時間が増えたと感じていることがNPO法人の調査で分かった。在宅勤務の拡大や感染への懸念から介護サービスの利用を控えた可能性がある。

調査は、介護離職防止に取り組むNPO法人「となりのかいご」(神奈川県伊勢原市)が4~5月に実施した。

現在家族の介護をしている800人に、新型コロナの影響で介護時間が変化したか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン