/

この記事は会員限定です

「公式暗記」偏重、弊害大きく 算数指導に見える課題

芳沢光雄・桜美林大学教授

[有料会員限定]

数学・数学教育が専門の芳沢光雄・桜美林大学教授は、大学生の基礎的な数学力が落ちていると指摘する。その根底には、公式の暗記に終わりがちな小学校の算数指導があるという。

筆者は大学教員として44年間勤務し、うち24年は数学科で、20年は現在の桜美林大学リベラルアーツ学群などで教えてきた。大学の授業で約1万5千人、小中高校生対象の出前授業でも約1万5千人に教えた。

最近感じている変化がある。講義の導入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン