/

この記事は会員限定です

JBCC、育休中の給与8割保障

技術者確保へ最長2年

[有料会員限定]

システム構築のJBCCホールディングスは育児休業中の社員が最長2年、給与の約8割の金額を受け取れる支援金制度を導入した。男女を問わず、国の育児休業給付金で足りない分を会社が支払う。同社はエンジニアが多く、デジタル人材の獲得競争は激しい。仕事と家庭の両立を支援し、優秀な人材をつなぎ留める動きが日本でも広がりそうだ。

国の給付金では育休開始から180日は休業前給与の67%、それ以降は5割を非課税で受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン