/

この記事は会員限定です

メガソーラー 福島で大幅増

発電能力、全国2位に 再エネ専用送電線 県が基盤整備

[有料会員限定]

福島県内で大規模太陽光発電所(メガソーラー)が大幅に増えている。3月末の発電能力は昨春に比べ約3割増え、北海道を抜いて全国2位になった。原発事故からの復興を目指す県が再生可能エネルギー専用の送電線をつくるなど、基盤整備に力を入れている効果が表れた。

資源エネルギー庁がまとめた電力調査統計にとると、福島県内にある太陽光発電の最大出力(発電能力)は3月末で68万4千キロワット。2月時点で2位だった北海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン