/

この記事は会員限定です

川で街づくり、北海道最多

全国の整備計画、09年比3倍 茨城・潮来は手こぎ船復活

[有料会員限定]

古くから地域に密着してきた川を、改めて資源として着目し、街づくりに生かす取り組みが広がってきた。国の制度に基づく自治体の整備計画登録数は2021年で244あり、09年の制度開始から3倍近くに増加した。河川敷を憩いの場としたり、アウトドア体験で観光客を呼び込んだりと多彩な手法で活性化の拠点とする。(関連記事を東京・首都圏経済面に

日本には約3万5500(1級、2級、準用)の河川があり、流域は17...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン