米中、ハイテク分断の代償

2020/7/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界のテクノロジー業界は、米国と中国の対立により痛みを伴う分裂に見舞われる――。ここ数年、こうした予測が数え切れないほど立てられてきた。だが今のところ予想とは異なり、目立つ打撃は見当たらない。

昨年の米アップルの中国での1日当たりの売上高は、1億ドル(約107億円)強だった。一方、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は米政府による制裁をよそに、2019年12月期の売上高が過去最高を記録し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]