/

この記事は会員限定です

「秘密守るSNS」悪用

時間たつと書き込み自動消去 薬物密売の連絡手段にも

[有料会員限定]

ロシア発の無料通信アプリ「テレグラム」が犯罪に悪用される事例が相次いでいる。SNS(交流サイト)としての特徴は送信したメッセージの暗号化や自動消去機能など秘匿性の高さにある。犯罪グループが、この秘匿性を悪用し、連絡や薬物売買の交渉に使っているという。

「外部にばれにくいと思ってテレグラムを使った」。2020年1月に大阪市東淀川区の民家に押し入り、暴行を加えて現金40万円などを奪ったとして強盗致傷容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン