預金保険料 自己資本健全なら低く
金融庁が仕組み、料率一律改め地銀再編促す

2020/7/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

金融庁は金融機関の経営破綻に備える預金保険の仕組みを見直す。各機関を自己資本など4項目で評価し、健全性が高いほど保険料率を低くする方向で議論する。これまで料率を一律としてきたのを改める。預金保険をテコに、地方銀行などに健全性を高めるよう経営努力を促す。単独で事態を打開できなければ再編も選択肢となる。

預金保険は金融機関が破綻した場合に預金者を保護する仕組みだ。金融機関が積み立てた保険料を使い、利…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]