/

この記事は会員限定です

コロナ薬レムデシビル、米ギリアドが死亡率低下を確認

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米製薬大手ギリアド・サイエンシズは10日、抗ウイルス薬「レムデシビル」が、新型コロナウイルス患者の回復を促したり死亡率を下げたりすることを確認したとの研究結果を発表した。当局の承認を受けるため、有効性や安全性の検証をさらに進める。

レムデシビルを静脈注射で5日間と10日間投与した新型コロナの入院患者312人と、通常の治療を受けた症状が近い患者818人のデータを比べた。投与し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン